toggle

ラボ利用について

ファブラボ神田錦町は、「アプライ制」で利用する事ができます。

ファブラボ神田錦町のオープンラボは、具体的なアイデアとゴールを見据えているクリエイターのための「アプライ制」を採用しています。規定のアプライシートに記入して、このラボで創りたいあなたのプロジェクトを教えてください。

プロジェクトの実現に向けて、必要な機材の講習会や制作のアドバイスを行います。それぞれのプロジェクトに、より近い距離でコミットすることで、ユーザーとのコミュニケーションを密にしていきたいと考えています。

プロジェクトによっては、これまでに我々が築いてきた関係各所で販売したり、ワークショップを開催したりできるかもしれません。自分のためにつくって終わるだけではなく、私たちとの関係の中でどのように着地させるかを一緒に考えましょう。
魅力的なプロジェクトをお待ちしています。

  • ファブラボ理念を御理解いただいている方に向けたプログラムです。
  • 内容によっては利用をお断りする場合がございます、予めご承知おき下さい。
  • アプライにあたってご不明な点が有りましたら、コンタクトフォームよりお問い合わせ下さい。

アプライシートのダウンロードはこちらから

必要事項に記入の上、下記宛てにメールをご送付下さい。

エントリー先:info[a]fablabkn.tokyo ←[a]を@に置き換えてください。
メールタイトルを「FLKNオープンラボアプライ」としてください。

  • 取材申し込みなどプレスに関するお問い合わせは、こちら
  • デジタル工房運営や機材導入に関するお問い合わせは、こちら
  • 施設レンタルに関するお問い合わせ、こちら

アプライにあたって注意点

プロジェクトのアプライに経歴は問いません。どなたでも応募していただけます。
応募状況やプロジェクト内容によっては、実施をお断りする場合がございます。

例)

  • ファブラボ理念に反するプロジェクト
  • 公序良俗に反すると判断するプロジェクト
  • 人を傷つけると判断するプロジェクト
  • 実現性が低いと判断するプロジェクト
  • デジタルファブリケーション機材を使わないプロジェクト

プロジェクトの実施にあたって、以下のファブラボ機能は利用者負担です。

  • 機材講習費(ひとつの機材あたり¥5,000/90分程度)
  • 材料費

アプライのスケジュール

プロジェクトスケジュールは、毎週金曜日(祝日除く)13時から19時の間で設計をして下さい。アプライシートは毎週金曜日を締切日とします。応募されたアプライは翌週火曜日までに採択結果をご報告します。なお、プロジェクト開始日は最短で応募締め切り日の翌週からとなります。

これまでのプロジェクト例


「フード3Dプリンター」 
ユーザー:近藤嘉男さん

「ムーンフェイズクロック」 
ユーザー:菅原隆文さん

「古代エジプトの獅子脚の復元」 
ユーザー:西本直子さん

保存保存